未分類一覧



第37回秋田県生協大会のご案内

秋田県水産振興センター 中林信康氏を講師に迎え、

「地球温暖化が秋田の海に与える影響」の講演を行います。

一般の方でも無料でご参加いただけます。



秋田県生協連ニュース第15号を発行しました

8月5日(木) 、秋田市のホテルメトロポリタン秋田で全国一斉に配信された動画をオンライン視聴しました。

被爆体験伝承者 沖吉幸子さんの講話と 胎内被爆者 石原智子さんの被爆の証言を通して、

被爆の実相と被爆地ヒロシマの人々の想いを学びました。

秋田県生協連ニュース第15号はこちらです


アルプス処理水海洋放出反対署名へのご協力のお願い

~みんなの思いが海を守る~

「アルプス処理水海洋放出に反対する署名」にご協力をお願いします

本署名運動は、みやぎ生活協同組合・コープふくしま、宮城県漁業協同組合、宮城県生活協同組合連合会、福島県生活協同組合連合会が呼びかけ人となり、皆さまにご参加を呼びかけているものです。秋田県生協連として会員生協と協力し、共に署名運動へ取り組みをいたします。「アルプス処理水海洋放出に反対する署名」運動にご賛同いただき、ご協力をいただけますようお願い申し上げます。

 2021年4月13日、政府は国民の理解を得ないまま、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴うアルプス処理水の海洋放出を決めました。海洋放出方針は、漁業者や福島県民はもとより広く国民の反対意見があるなか、「関係者の理解なしには、いかなる処分も行わない」という東京電力と地元漁業者の約束を反故にして決定したものです。
 「アルプス処理水」は原発事故による放射能汚染水を処理したものであり、安全性の担保、国民や国際社会からの理解が課題として残ったままで海洋放出が行われることになれば、漁業への影響はもとより地産地消活動、地域経済への重大な影響が懸念されるところです。
 豊かな海を次世代に引き継ぐためにも、アルプス処理水は海洋放出を行わず、関係者の理解が得られる方法で処理することを求める署名運動が取り組まれております。

 こうした状況から「アルプス処理水海洋放出に反対する署名」運動にご賛同いただき、署名へのご協力をお願い申し上げます。
*なお、この署名運動は、主にオンライン署名でのご参加を呼びかけています。

アルプス処理水海洋放出に反対する署名はこちらから

          ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「アルプス処理水海洋放出に反対する署名」にご賛同をお願いします (fukushima.coop)

ご注意:署名欄に記入し賛同ボタンを押すと、Change.orgより寄付を求めるメッセージが出てきますが、これは本プロジェクトへの寄付ではございません。無視してください。




『ピースアクションinヒロシマ・ナガサキ オンライン(YouTube)開催』のご案内

終戦・被爆75年の節目の年を過ぎ、今年は終戦から76年目となります。

広島、長崎に足を運ぶことが出来なくても、オンラインを通じてご自宅から被爆者の話を聴き、被爆の実相を知ることができます。

被爆者の想いに触れ、戦争も核兵器もない平和な世界の実現を目指しましょう。

どなたでも無料でご参加いただけます。

ピースアクションinヒロシマ・ナガサキ オンライン開催のご案内はこちらです

特設ポータルサイトはこちら → https://peace.jccu.coop/

<ご参加いただくにあたってのお願い>

◆当日使用する機器、環境はご自身でご準備ください。

◆通信費は各自のご負担となりますので、

 事前に接続時の通信環境(速度やデータ通信料の上限等)をご確認ください。