第34回秋田県生協大会を開催しました

秋田県生活協同組合連合会は2018年10月16日(火)、秋田市のイヤタカにて県内の組合員・役職員65名の参加で第34回秋田県生協大会を開催しました。司会は三浦貴裕常務が務めました。
大川功会長の主催者挨拶のあと、秋田県生活環境部長の高橋修様より頂戴したメッセージが紹介され、来賓の日本生協連 北海道・東北地連事務局の山﨑若水様より挨拶されました。

主催者挨拶 大川会長


来賓ご挨拶 北海道・東北地連 山﨑様


続いて日本生協連 サステナビリティ推進部 小野光司様による「SDGSと生協の取り組み」の講演を行いました。SDGSを取り巻く情勢や、なぜ生協がSDGSに取り組むのか、これからどのように取り組んでいくのかを学習しました。SDGSの目指す「誰一人取り残さない社会をめざす」包摂性は、助け合いの精神で様々な取り組みを進めてきた生協の理念と重なり、生協のポテンシャルが大いに期待されていると説明されました。
また「エシカル消費は持続可能な社会に動かすドライバー」と位置づけ、エシカル商品を買うこと、そうではない商品は買わないなどの賢い消費が生協の強みを発揮することになる、とエシカル消費とSDGSの重要なつながりについても教えていただきました。私たちも持続可能な社会の実現に向けて行動しようとするきっかけとなった講演でした。

講演 日本生協連 小野様


質問する参加者


午後は今年8月に開催された「ピースアクションinヒロシマ」に参加したコープあきたの千葉美栄さん、上村美穂子さんの報告会を行いました。現地で体験した戦争の悲惨さに心が壊れそうになりながらも、しっかりとした口調で伝えてくださいました。当日は来場できなかった上村さんのお子さんで小学5年生の京子さんの作文も紹介されました。
お二人は「平和はみんなで優しく訴え続けること。平和への想いを伝える小さなピースアクションをこれからも大事にしていきたい」とお話くださいました。報告後には佐々木貞子さんをテーマにしたアニメ「つるにのって」を鑑賞しました。お二人の貴重な体験はコープあきたの班長・組合員のつどいでも報告予定です。今後も平和の尊さを皆さんに伝えてくださるようお願いしました。

ヒロシマ報告 左:上村さん 右:千葉さん


大会決議案が組合員活動協議会議長の菅野ミチ子さんによって読み上げられ、憲法改正には充分な国民的論議と多くの国民が理解したうえで進めること、原子力発電を稼働させず再生可能エネルギーへの転換を求めること、消費税10%への再増税への反対、災害による被災者への支援の継続が、満場の拍手で採択されました。
最後は小林芳昭常務の挨拶で閉会しました。

大会決議 菅野さん


閉会挨拶 小林常務