あきたユニセフのつどいを開催しました

「あきたユニセフのつどい」を開催しました

秋田県生協連合会は2018年4月6日(金)に秋田市のイヤタカにて「あきたユニセフのつどい」を開催しました。県内の組合員・役職員40名の参加で、司会を組合員活動協議会委員の泉由賀里さんが務めました。つどいには今年も日本ユニセフ協会 団体・企業事業部の石尾匠さんにご臨席いただきました。

大川功会長の開会挨拶に続き、大川会長から石尾さんへ2017年度の募金120万円の目録を贈呈しました。石尾さんからは各生協の代表者へ募金の感謝状が手渡され、生協ごとに写真撮影を行いました。

続いて村上清志事務局長より、5つの会員生協がそれぞれ2017年度に取り組んだ活動内容が、写真やスライドで紹介されました。

日本ユニセフ協会の石尾さんからは、ユニセフ活動の概要や生協とユニセフのかかわりについて説明がありました。私たちにできる身近な取り組みとして生協の注文と一緒に募金したり、ハンド・イン・ハンド街頭募金への参加、ユニセフSNSの拡散などの方法を紹介いただきました。大げさなことはしなくても、一人ひとりがそれぞれやりやすい方法で支援できることがわかり、活動への意欲につながるような気がしました。

続いて2017年9月に実施された「ユニセフ東ティモール・スタディツアー」の報告を伺いました。秋田県からは残念ながら参加者はいませんでしたが、石尾さんと生協の職員、理事の計4名で東ティモールを視察した報告でした。東ティモールの現状は未だに高い子どもと新生児の死亡率や、子どもの栄養不良は50%にも上る厳しいものですが、その背景には女性の栄養状態が良くないことや不十分な保健施設など、さまざまな要因がからんでいるとのことでした。たった1つの国立病院と、13県のうち県立病院があるのは5県だけという事実からも、不十分な医療体制が伺えます。報告の中で石尾さんは前回の視察との比較で「Tシャツ」という言葉を挙げ、母親支援グループの皆さんがお揃いのTシャツを着ることが一致団結の意識や皆の期待に応えようというモチベーションになっているというエピソードを紹介してくださいました。未だ厳しい東ティモールの現状ですが、活動は確実に前に進んでいることを実感して帰国されたそうです。

午後からはユニセフに関する質問を集めた用紙に記入しながらゲーム感覚で楽しめるビンゴゲームを行いました。中には結構難しい問題も含まれていましたが、和気あいあいとした雰囲気で楽しみながらユニセフに関する知識を深めました。ゲームのあとは数人ごとにグループを作り、東ティモールのことや今日のつどいの感想、さらには今後できそうなユニセフ活動などについて自由に話し合っていただく時間とし、交流しました。

最後に川村豊太副会長の挨拶でつどいを終了しました。